施工方法トップページ > クラシュタイル 塀を施工 表紙張り

割りタイルを塀等にモルタルで張る場合

施工方法1.ブロック又はコンクリートの強度がない場合補強する。 ブロックまたはコンクリート面のホコリや汚れを除去する。
施工方法2.かるかるブリック専用モルタルを説明書に従って練る。
※かるかるブリック専用モルタルはタイル等の接着用モルタルに適しています。  
施工方法3.ブロック塀又はコンクリート塀の水しめしをすろ。
※水しめしは気温の高い時は多めに、低い時はやや少なめに。
施工方法4.かるかるブリック専用モルタをコテで施工する場所に5mm程度塗る。 1平米程度づつ区切って塗ると接着性が良い。
広い面積を塗るとモルタルの表面が乾き接着しません(ドライアウト)
施工方法5.クラシュタイルを下から張る。張ったあとにタイル表面を押さえる。
施工方法6.曲線部分はシートをちぎりラインに合わせる。のこりのタイルは紙に水をぬらしてからはがしタイルを一枚ずつ張る。 張った後にタイル表面を押さえる。
施工方法7.張り終わった後に水しめしをする。
施工方法8.水しめしをしたら、3分後に紙をはがす。早くはがすと紙残りがおきます。
施工方法9.目地なおしをする。目地の広いところは、接着モルタルが硬くなる前にタイルをずらしてバランスよく調整する。
施工方法10.下地モルタルが硬化してからゴムコテで目地詰めをする。(翌日) 目地詰めは速乾性バスセメント又はインスタントセメント又は抗菌タイル目地材をご使用下さい。
施工方法11.目地モルタルが硬化する前に目地ふきスポンジでかるくふく。 一度にふく面積は少量ずつふく。数回ふき取る。( あまり強くふかないで下さい。)
施工方法完成